初期脱毛とは?

初期脱毛はプロペシアの副作用

プロペシアの事を調べていると、よく初期脱毛という言葉を目にする機会が多いと思いますが、初期脱毛とは一体何の事なのでしょうか。
よくする勘違いが、男性型脱毛症が起こり始めた状態と思い込んでいる人が多いようですが、実は全く違います。
初期脱毛とは、プロペシアを服用した直後に起こる副作用の一種です。
プロペシアを飲み始めて少し経つと、普段以上に抜け毛が酷くなる状態になる事がありますが、その状態が初期脱毛です。
大半の人は初期脱毛の副作用が出る事はありませんが、人によっては、プロペシアの飲み始めに、急に髪の毛が抜ける事があります。
ですが、そのまま飲み続けて問題はありません。
しばらくすると抜け毛が無くなり、新しい髪の毛が生えてきます。


なぜ初期脱毛が起こるのか

プロペシアは本来男性型脱毛症の薬なので、抜け毛を予防するための薬なのに、なぜ髪の毛が抜けるといった副作用が起こるのでしょうか。
髪の毛と言うのは、正常な状態でも必ず時期が来れば抜けるようになっていますが、これが髪の毛のサイクルと言われている現象で、抜けた髪の毛の後に、再び毛根が作られて、髪の毛が生えてきます。
言ってみれば、髪の毛が元のサイクルに戻ろうとする働きによって、サイクルが乱れている髪の毛が抜け落ちるのです。
副作用という言い方をしていますが、実はプロペシアを服用して、すぐに髪の毛が抜けてしまうのは、プロペシアの効果が出ている証と言って良いでしょう。


どれぐらいで初期脱毛が無くなるか

初期脱毛は、早い人であれば、3日ぐらいから症状が現れますが、遅い人の場合でも、1週間ぐらいで症状が出る人がいます。
大半の人は、初期脱毛の症状が出る事はありませんが、万が一症状が出ても、慌てる必要はありません。
クリニックで診療してもらえば、必ず説明があるはずです。
大体1か月前後で初期脱毛の症状が無くなりますが、もっと早くに収まる人もいます。
逆に初期脱毛の症状が長引くという事は殆どありません。
初期脱毛の症状が無くなれば、髪の毛のサイクルが正常に戻ったと言って良いでしょう。
後は、髪の毛がしっかりと生え揃うまで、じっかりと飲み続けましょう。


 


プロペシアの人気商品