プロペシアの安全性(副作用)

一番多い副作用

プロペシアには様々な副作用が起こる可能性がありますが、その中でも圧倒的に多いのが精力減退です。
もちろん多くの人は副作用が見られませんが、精神的に不安定な人や、プロペシアを飲んだ時に、体調があまり良くなかった時、プロペシア自体が体質に合わない時などに副作用が現れる事があります。
では、プロペシアの副作用で最も多いのが、なぜ精力減退なのでしょうか。
それはプロペシアは本来前立腺肥大の治療薬として開発されていた為に、影響があるのではと言われていますが、テストステロンと呼ばれている性欲を司る部分に影響がない事から、短期間の軽い症状なので安心だと言われています。


不快感がある

プロペシアで見られる副作用の大半が精力減退ですが、人によっては胃や腸の不快感が現れる人もいるようです。
時には下痢を起こす人もいますが、短期間で痛みなどが激しくなければ、特に問題は無いと言われています。
ですが、長期間続く場合や、痛みが激しい場合には、必ずプロペシアを処方してもらったクリニックに相談に行くようにしましょう。
ですが、日本でこのような激しい副作用が報告された例は無いので、しっかり医師や薬剤師の支持を守って服用していれば、左程副作用が起こる心配をする必要はありません。


その他の副作用

色々な副作用が出ると言われているプロペシアですが、時々頭痛や腹痛が起こる事もあるようです。
ですが、いずれも短時間で収まり、激しい痛みが伴う事も無いと言われていますが、万が一痛みが激しい場合や、長時間痛みが取れない場合は、すぐにクリニックへ向かいましょう。
どんな薬にも、必ずこのような副作用が起こると、書かれている説明書を手渡されますが、実際副作用が出たという人はごく僅かです。
クリニックに診察に行くと、必ずカウンセリングの時に、今まで薬によって副作用が出た経験があるか、アレルギーは持っているかと言った質問をされますので、正直に答えましょう。


 


プロペシアの人気商品