フィンペシア

インドのシプラ社製品

プロペシアのような男性型脱毛症の治療薬には、フィンペシアと呼ばれている薬もありますが、このフィンペシアは、インドのシプラ社が販売している、プロペシアのジェネリック製品です。
ジェネリック製品なので、正規品のプロペシアに比べると、かなり安く購入できる事から、多く人が購入しています。
日本では、医薬品の通信販売やオンライン販売は禁止されているので、逆輸入といった形で購入するしかありません。
含まれている成分や効能などは、プロペシアと全く変わりがないので、安く購入できるフィンペシアを選ぶ人が多くいますが、通常の逆輸入よりも危険が多く、悪徳業者も存在しているので、購入する際には注意しましょう。


購入が認められているフィンペシア

フィンペシアなら、何でも購入できるとは限りません。
その理由とは、フィンペシアの中には、キノリンイエローと呼ばれている着色料を使っている種類のフィンペシアもあり、キノリンイエローには、発がん物質が含まれている為、日本では購入が規制されています。
その為、購入する際には、キノリンイエローが含まれていないフィンペシアを購入するようにしましょう。
ですが、偽物も多く出回っており、規制がうまくできていないのが現状です。
このように、うまく医薬品の規制ができないのも、オンラインや通販での医薬品購入を規制した政府の責任です。
国内で購入できていれば、このような危ない医薬品を、海外から輸入する必要は無いからです。


フィンペシアの副作用

フィンペシアにも、当然副作用の危険性がありますが、基本的にプロペシアと全く変わりありません。
主な副作用は精力減退ですが、その他にも、人によって腹痛や頭痛、下痢やお腹の不快感などが現れる事があります。
フィンペシアもプロペシアと同じく、長期間飲み続けなければ効果が期待できないので、副作用が出たからと、途中で勝手に止めてしまっては意味がありません。
副作用が出た時に、慌てず対応できるようにする為には、やはり医療機関で処方してもらう方法が1番安心できます。


 


プロペシアの人気商品