プロペシアについて

男性系脱毛症の原因

男性型脱毛症とは、テストステロンと呼ばれている男性ホルモンの一種があり、リダクターゼと呼ばれている酵素とぶつかり合う事で、ジヒドロテストステロン物質に変化します。
このジヒドロテストステロンが、髪の毛の主要部分とも言える毛母細胞に到達すると、今度はDHTと呼ばれる物質に変化をします。
このDHTこそが、男性型脱毛症の原因となっています。
その為、DHTを抹殺する事ができれば、男性型脱毛症を防ぐ事ができるのですが、DHTに変化した時点では手遅れなので、最初の変化が起こるリダクターゼを消滅させる事で、男性型脱毛症の予防をしようと考えられ、注目されているのがフィナステリドと呼ばれている成分です。
このフィナステリドを含んでいる薬がプロペシアです。


男性型脱毛症の治療薬

プロペシアは男性型脱毛症専用の治療薬なので、他の脱毛症や、女性の脱毛症には適していません。
また、プロペシアは薬であってサプリメントではありませんので、基本的に通販やオンラインショップで購入する事はできません。
ちなみに男性型脱毛症の治療薬には、ミノキシジルと呼ばれる塗るタイプの治療薬と、プロペシアのように飲むタイプの治療薬に分かれます。
プロペシアは元々男性型脱毛症の治療薬として研究されていた訳では無く、前立腺肥大症の治療薬として研究が進んでいたのですが、その中に含まれていた成分の働きで、育毛効果がある事が発覚したために、男性型脱毛症の治療薬として研究や開発が行われました。


AGAと呼ばれている病気

よくプロペシアの事を調べていると、AGAという単語が頻繁に登場しているのがわかると思います。
このAGAとは、男性型脱毛症の事を意味しています。
最近では、男性型脱毛症の患者が年々増えていますが、その原因は遺伝だけではありません。
過度のストレスや食生活の乱れなども、男性型脱毛症の原因になっていると言われています。
そんな現代では、男性型脱毛症を専門に治療するクリニックも誕生しており、プロペシアなどの薬を処方してもらう事ができますが、男性型脱毛症は、直接健康を害する病気では無いので、健康保険が適用できないといった欠点があります。


 


プロペシアの人気商品